総合婚活サービス・カウンセリング

運命の出会いを、「ワーク」する。

お問い合わせ 0120-691-494
無料カウンセリング LINE 友だち追加
あなたの婚活のお悩み全部受け止めます!
2019年9月3日

婚活デートは2回目が勝負!上手くいくコツと失敗するパターンとは?

お見合いをして、初デートをして2回目のデートまで約束して、ホッとされていることでしょう。

しかし、お見合いや初デートでは長時間会うことも少なく、相手がどんな人か見るだけです。

交際を続けていくかどうかは、2回目のデートで判断する人が多いため、とても重要になってきます。

結婚相手の候補になるかどうかは、2回目のデートでほぼ決まると言っても過言ではありません

そこで今回は、婚活デート2回目で上手くいくコツと失敗するパターンを解説してきます。

 

婚活デート2回目で上手くいくコツ

 

服装

2回目のデートをするということは、初デートで好印象を残したということになります。

そのため、2回目でも気を抜かずに、普段着などのラフな格好は辞めましょう。

初デートと同じ系統のファッションがベストです。

 

すぐにイメージを変えたら、相手がビックリするので、少しずつ自分を出していくようにしましょう。

 

同じ系統のファッションがいいと言いましたが、同じ服はよくありません。

2回目のデートも清潔感のあるファッションにするのが、上手くいくコツと言えますよ。

 

デートする場所

初デートはお昼に会うことが多いですが、2回目はお昼からでも夕方からでも候補にしてもいいでしょう。

 

少し遠出をするもよし、お酒を楽しむのもいいかも知れません。

相手の好みもありますので、自分だけで決めずに、相手と相談しましょう。

選択肢をいくつか用意して、選んでもらうのもいいかも知れませんね。

 

食事中の基本的なマナー

2回目のデートは食事になることが多いので、お互い楽しい時間を過ごすためにも、基本的な食事のマナーは覚えておきましょう。

 

注文は勝手にしない

何回も来ているお店で、おいしいものを知っていたり、自分が食べたいものがあっても、勝手に注文してはいけません

何を頼むのか、一緒に考える時間も楽しみましょう。

 

・残さずに食べられるだけ注文する

女性がたくさん食べると好感を持つ男性も多いですが、食べきれない量を頼むのはダメです。

残さずに食べられるように、少なめに注文するのもいいでしょう。

残さずに食べることで、おいしかったという意味にも繋がります。

 

食べる時に音を立てない

食事をする時に、くちゃくちゃと音を立てて食べるのは、相手を不快な気持ちにさせます。

かみ合わせが悪かったり、鼻炎があったり、自分が音を立てていることを気付いていないなど、理由があるかも知れませんが、意識すれば控えることが出来ますよね。

大丈夫だと思っていても、念のためによく一緒に食事する家族や友人に確認しておくのをおすすめします。

 

婚活デートで失敗するパターン

 

まだ交際は本格的に始まっていないということを自覚しておく

 

初デートを無事終えて、2回目に繋がったからと言っても、まだ正式に交際をしているわけではないことは忘れてはいけません。

 

デートが出来て浮かれる気持ちも分かりますが、人によってはまだ相手のことを知る段階である場合があります。

自分を出しすぎたり、礼儀をわきまえないような行動はダメです。

 

正式に交際を始める前の段階では、複数の相手とのやり取りがOKな状態なので、並行して複数人と連絡を取っていることも少なくありません。

候補の1人だと思っていた方がいいかも知れませんね。

 

次のデートの約束は早めに!

 

楽しいデートが出来たと思ったら、次に会いたいと言う言葉をデート中にしておきましょう。

会っている時に、次のデートの話をされると、嬉しくなるものです。

 

もしデート中が無理だったら、家に帰った後に、お礼と一緒に次の予定を聞くメールを出すのもいいでしょう。

 

2回目の婚活デートが決め手になる可能性も!

 

婚活デート2回目でも、成功するコツや失敗するパターンをご紹介しましたが、どうでしたか?

 

まだ正式に交際をしていないと言うことを忘れずに、相手を思いやる気持ちを大事にしていきましょう

 

婚活ワークスでは、的中率が高いと言われている宿曜占星術を取り入れています。

占いで、あなたの婚期を先読みして良縁を引き寄せてみませんか?